7月6日(水)

仙台市立中田小学校で、児童のみなさん600人とお花の種まきをしてきました。

天気予報は、雨かも、、、の怪しい週でしたが

当日は、見事な快晴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時間目に種まきをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしながら、600人を前に、わたしもご挨拶。。。

これから蒔く「種」は、日本中の人から送られた大切な種、

大切に育てて、ひとつでも多くの花を咲かせてみんなで喜びあいましょう

というお話を少しいたしました。

児童のみなさんの元気な「おはようございます」に、ものすごく感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生から配られた種を、一人ひとり、小さな手に握りしめて

一斉に、種まき開始。

「たからもの」の花プロジェクトにみなさまから送っていただいた種をみんなで蒔きました。

ひまわり、コスモス、あさがお。。。

プロジェクトの仙台メンバーも一緒に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか大人の方が楽しんでいる気配。。。

一年生も、真剣にひとつひとつの種をまいてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一緒に、校庭から職員室の前に運びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員室の前に運んだら、みんなで水やりです。

ん?かけすぎじゃぁないですか。。。?(笑)

でも、みんな、真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん並んだプランター。

職員室の前で、芽が出るまで水の管理です。

夏休みに間もなく入ってしまうので、日直の先生たちで管理してくださるそうです。

成長してきたら、学校の周りの道路から見える場所に移して、地域の皆さんにも

お花を楽しんでいただくようにするそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この小学校は、津波の被害にこそあっていませんが、

閖上の近くですので、津波はすぐ近くまできていました。

被害に遭われた子供さんも数名転入しているそうです。

校長先生の「表面的にはとても元気にみえるけれどもね。。。」

とおっしゃった言葉は、とても重く響きました。

 

たくさんの花が咲きますように。。。

わたしたちは、また、お花の様子を見に伺わせていただくことにしています。