山元町の仮設住宅で子供の靴を渡し終えた後、種をまきました。

 

仮設住宅は、とにかくシンプルにできているので無機質な感じがします。

園芸好きな方はすでにプランターに花や野菜を植えていましたが、そうではないところが多数です。

 

 

まずは入り口から。

 

 

 

 

 

 

こっちもお願い、とこちらにお住まいの方。

居住区域に車が入らないように、プランターがはじめから

置かれていたそうですが、何も植えられていないそうです。

いくつもそんな風にただ置かれていました。

 

 

 

 

ひまわりとコスモスを。

 

 

 

 

 

 

 

 

HPを見ていただいたり、新聞に取り上げてもらったりと、賛同してくださる方が増えてきました。

今までそれぞれが種を蒔いて来ましたが、きちんと定期的に、仮設住宅や学校などに種をまいていくことが今後必要だなと思っています。

現在も、小学校と東松島の仮設住宅から種をまいてほしいとの声が寄せられています。

私たちは大きな団体ではありませんので、どこまできちんとできるのか試行錯誤しながらの活動と

なります。

それでも花をできるだけ多くの皆さんに届けたいし、長く続けて行きたいと思っています。

これから被災地の方の声に答えて行くために、一緒にたねを植えてくれる方を募集します。

園芸に詳しいかた、花が好きな方など、月に1〜2度しか参加できなくても大丈夫です。

 

 

連絡はたからものまでおねがいします。

 

心に花を。

 

 

photo/komura yasushi