だいぶ前のはなしになりますが、宮城県のとある小学校へ入学式の撮影に行って来ました。この日はお手伝い。とてもよく晴れた1日で、鯉のぼりもうれしそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴかぴかのランドセル。この小学校は高台に有り、津波の被害は有りませんでしたが、海沿いに住む児童も多く、入学式も延期されていました。体育館など被害が大きく、音楽室での入学式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京のphotographer、網中健太くんから相談を受けたのは1月以上前の事。多くの人がカメラを流されてしまった事を知り、せっかくの入学式に写真を残してあげたい、という彼の想いがつたわり、この日の撮影に繋がりました。

校門前の何気ないスナップ、みなさんが真剣に彼のカメラに向かっていたのがこころに残ります。プリンターを持ち込み、プリントアウトした写真は、帰る頃には皆さんの手元へ。

 

 

 

 

 

 

今回こちらの小学校の卒業アルバムのために撮影に来ていた櫻井さん。わたしの元同僚で、今はスポーツ写真を専門に日本中を走り回っています。久しぶりに会ったけど、いい顔してるな〜。

途中でカメラの何倍も有りそうな望遠レンズを、使いなよ、と手渡されました。普通の人はそんなの、三脚なしでスナップ写真撮れませんよ!

櫻井さんは塩釜に家があり、震災後ずっと避難所暮らしだった。それでも機材が無事だったからと、避難所生活1日目から撮影に出かけていたそう。すごいパワー。

いろいろありがとうございました。今度おごらせてくださいね。