あっという間に前回アップしてから時がすぎて今年も終わりです。

 

にゃんこ共和国-田代島そして網地島へ12月に行く計画をしていましたがばたばたしていて断念しました。

震災後ににゃんこザプロジェクトの一口牡蠣オーナーになってから、毎年まだ牡蠣は送れませんがと猫のグッズやにゃんこ共和国国民証を送って頂きその度に早く島に行きたいと思っていました。

網地島も田代島に劣らず猫が多く島の人々と仲良く共存しています。震源地からとても近くに位置していて震災後はかなり心配していましてが、早い段階で自立の道を歩み始めたので大丈夫ですと島の方がおっしゃっていました。

それからは牡鹿半島から網地島を遠くに見るだけになってしまっていたので来年の抱負と言っては大げさですが、この冬中にぜひ訪れたいというのが達成したいことのひとつです。

 

 

今月21日から東京のギャラリーで東北を撮影した写真の個展を開いているのですが、見に来て頂いた方にその写真に写っているものを説明することに四苦八苦しています。

2011年から2012年の東北で撮影したものをメインに展示していてますが、震災の写真展にならないように明らかにそれとわかるものは出していないので背景の話をするのがとても難しい。

自分のルーツそしてあくまでも私個人の体験としての写真ですが、あの地震には人それぞれの体験や思いがあってそれを重ねられる余地を説明する時にきちんと残せたらと思っていて、言葉では時に足りなく時に多くなりすぎるなぁといつもつまっています。

 

 

この雪と木の写真は2011年の年末に裏磐梯で撮ったもの。

その時からもたくさんの事が変わって、そしてあまり変わっていない気もします。

 

 

来年はどんな一年になるんだろう。

 

この冬は寒さが一段と厳しいらしいけれどみなさんが暖かい心持ちで新年が迎えられますように。