少し前に石巻の牡鹿半島にある小学校に行ったときのこと。

 

半年以上経った今も郵便局でさえまだ手つかずです。

 

 

 

 

 

そんな中に、石川さんが応援しているという食事処が有りました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのご主人。

もともとずっと海で生きてきたそう。

だから震災後この場所にすぐプレハブをたて、店を再営業させる事に迷いはなかったと言います。

 

 

 

 

 

 

わたしはラーメンを。

先に食べ始めるそばで、やっぱりラーメンにすれば良かったかもと石川さんがつぶやいていました。隣の芝生は青く見えますからね。

 

 

シンプルでおいしい。

麩が入っているのも絶妙でした。

 

石川さんはかつどん。

こっちもやっぱりうまいとうれしそう。

 

 

 

 

 

 

店内はカウンター、テーブル席、座敷と表から想像する以上に広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座敷の外はすぐ海。

波が目の前でくだけるのを見ると少し不安になるけれど、ご主人はそれも海だからねと言っていました。

 

 

来週もまた行けたらいいな。