ちょっと前に牡鹿半島へ行ったときの続きです。

 

 

 

ボランティアの方が作ってくれたバス停です。

 

トトロが出て来そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど亀さんのおじいさんの親友大井さんが避難先から来ていてしばらく思い出話。

浜の人たちにまさぎっつぁんと呼ばれているそうです。

ずっとこの浜を見てきた人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買ったばかりだというハイブリットカーも、この浜に打ち上げられてました。

このあたりではめずらしく砂浜があり、夏には海水浴を楽しめましたが、地盤沈下のため砂浜は見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地盤沈下の為に、石巻では港の再建ができず、魚の水揚げができない状況となっています。

それでも若い漁師さんが動かせる船で海に出て、瓦礫の撤去を日々続けながら、1日も早く漁に出られるように奮闘する毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓦礫がなければ、みんなでビールでもと言いたくなるような素敵な所。

 

一緒に行った斉藤さんも亀さんも、ミュージシャンでもあります。

ここでなにか夏に演奏したりできたらいいな。

 

(そんなこと聞くとすぐに、落ち着いたんでしょう?と言う人がいるけれど、

想像力が欠如するとそうなっちゃうんだろうな。)

 

 

 

 

送っていただいた、ほうせんかずらの種をまきました。

 

今ここに住む人はいないけれど、はやくまた戻ってこられるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでここの人はみんな目がきらきらしてるんだろう、と斉藤さんと話しながら帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(亀さんのブログ から)

 

 

 

 

いつもより早い朝に

自分で鍵を開けて、保育室の窓を開けて

晴れてる日の空は水色で

ぞうきんでベランダを掃除しながら見る海は 本当にきれいだった

 

 

海にあんなに泣かされたのに

やっぱりきれいだあって思ってしまう

それはやっぱり 小さいときから海を見て育ったからでしょうか

おじいさんもおばあさんも お父さんもお母さんも

みんな海を見て きれいだねえって言っていたから

 

 

 

kame no koto