気仙沼の漁港です。なんと大きなクレーンでしょう。つり下げているのはマグロはえ縄漁船。長さ60メートルもあるそうです。

3時間かけての作業でようやく海へ戻されました。

漁の再開への大きな1歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の元漁師さんと話をしながら見ていましたが、作業も終わったので帰りの準備。

「ちょっと急いでんの?」

「少し話、聞いて行ったらいいっちゃ〜。」

私でよければもちろんと言うと、「誰だっていいの!一人で話できないの!寂しいんだよ!」

 

気仙沼には多くある昔ながらの家は、外にお風呂とトイレがあります。

震災の被害でだめになっても居住域に入らないため、全くの保証外だそうです。

「60歳をとっくに超えて仕事もないってのに、どうやって生活しろっての!」

 

「支援物資の洋服だって、最近ようやくやっともらったブランド品。(とあるスポーツメーカーのジャージです。)」

「何とかしないと孤独死する人いっぱい出てくるよ!避難所にそういう人いっぱいいんだよ。

ほんとに寂しくて、死んじゃうよ。」

「おれは以前マグロ漁船に乗ってたよ。1年戻んねんだよね」

と最後にはマグロの食べ方まで教えてもらいました。

つらいのはみんな同じだからと誰もが我慢し、ため込んでいて言えない事ってたくさんあるでしょう。

プロのカウンセラーなどではなくとも、話相手になれる人が必要になってくるかもしれません。

 

 

途中もう一人、元漁師さんの友人が参加し、威勢がよく見えるのですがちょっと違いました。

「震災からずっと、しゃかりきにやって来たけどよ、もう限界だ。

疲れちゃってさ、1カ所片付けたらもう1日なんも出来ねーよ。今日はこれからばあさんのカウンセリング」

 

 

気が張っていてここまで何とかやり過ごして来た人たちも、相当の疲れとストレスが出はじめています。

特にこれからの季節、梅雨入りとともに憂鬱な時期が心配です。

水害もそうですが、内にこもりがちになる日々は大変です。

 

なにか特技があればいいけれど、私はこれといってなにもできません。

だからお願いです。

歌が歌えたり、芸がなにかできるひとはこれからもぜひ東北に来てほしいのです。

ボランティアも随分減ったそうです。

出遅れたなんて思わずに、これからこそ、よりたくさんの力が必要なのだと思います。