福島県相馬市の駅でバスを降り、歩いていると田植えをしている様子が見えたのでおじゃましました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横山栄清さんご一家。

お二人は84歳と81歳だそうです。しゃきしゃき動いているので、そうは見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬のひめちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の南相馬では今年、稲の作付けを行わないと決めたようですが、ここ相馬では

特になにも言われないので通常通り作業を続けているそうです。刈り入れ時までに

状況がどう変わっていくのか全くわからない不安と闘っています。

こうして農家の人々が美味しいお米を届けようと日々汗を流している姿を、きちんと

こころに刻んでおかなくてはいけないと思いました。