パソコンの不調により、アップが遅くなってしまいました。大変申し訳ありません。

なんか、セキュリティソフトの関係か、ソフトのアップデートの関係かで、うまく動かなくなってしまいまして・・・。

私、パソコン苦手で、だいぶ時間がかかってしまいました・・・すみません。

さて、先日の続編です。

 

残念ながら雨が降ってきてしまったのですが、この時期で雹混じりの雨まで降ってきました。

どおりで寒いわけです。もう5月なのに・・・。

降ったり晴れたりの不安定な天気の中、今度は東浜小学校へ向かいます。

荻浜小学校の目の前にある漁港も東浜小学校に向かう途中にある漁港も大規模な整備工事が行われていました。

道中の海でも、養殖の棚が以前よりも沢山見えたり、海に浮かぶ漁船も昨年よりも断然多くなってきて、少しずつ

少しずつ、前に進んできていることが感じられ、嬉しくなりました。

漁港では大きな重機が入り、本格的な工事が。海に浮かぶ船の数も増えてきました。

東浜小学校に着き、学校の校舎等の写真も撮りたかったのですが、雨のせいで外に出るのは断念。

今回は学校の中の写真のみです。

到着早々、まずは、荻浜保育所のちびっこ達6名に靴を配ります。

荻浜保育所は今も東浜小学校で、教室の一部を間借りをしており、入口ではまたミッキーとミニーがお出迎え!

これからお昼寝の時間というところでの訪問になってしまったのですが、せっかく来たので顔を見て渡したいと思い、

無理を言って直接お渡しさせてもらいました!みんな寝る準備をしているところだったのにごめんなさい!

保育所の子供達には子供に選ばせるのではなく、開けて楽しみなプレゼントという形に。

どんな靴が入っているのかな~。

さっそく履いてみます!

この日は1人お休みだったので、その分は先生にお渡ししました。

ちびっ子達もみんないい笑顔!直接渡せてよかったなぁ。

 

さて、次は東浜小学校の子供達です。

2階の音楽室を借りて靴を並べます。学校の音楽室の雰囲気が好きなんです。いいなぁ。

今回は2人でのお届けだったので、並べたり片付けたりがちょっと大変。でも、珍しく時間に余裕があったので

ゆっくり落ち着いて準備することができました。いつもこのくらい余裕を持って行動したいものです・・・(笑)

準備が完了して子供達が来るのを待っていたら、間もなく元気良く子供達が現れました!

 

始まる前からもう「あれがいい!」「わたしこれ!」と子供達の目はキラキラです!

もう3回目ですが、始まりの挨拶はしっかりと。

みんなのことを想って全国のいろんな方々が一生懸命に選んで贈ってくれた靴。

モノだけではなく、皆の想いが伝わってるといいなぁ。

靴選びが始まるといつものことながら、わちゃわちゃ、ごちゃごちゃ(笑)

荻浜小学校のときと対称的なのが面白かったです。

試し履き!

やはり、メーカーによってサイズのバラつきはどうしてもあり、同じサイズでもそのメーカーによっては大きかったり、

小さかったりします。なので、靴の数を準備・調整するときには1サイズ大きいサイズも準備して多めに持っていく

ようにしています。

先生も一緒になって選んでくれました。

毎度のことなのですが、親身になって接してくれるいい先生達だよなぁといつも感心させられます。

生徒が大勢いる学校ではなかなか見られない光景ですね~。

 

こちらはもう決まった子達。早い早い!

箱の中のハガキをチェック!どんな人が贈ってくれたのかなぁ。

子供達には「ハガキ書いてね~」と念を押してお願いしてきました(笑)

最後はやっぱり集合写真!みんないい顔してました!

この靴でみんな運動会を精一杯頑張って楽しい思い出にして欲しいですね。

 

この東浜小学校、昨年、一昨年ともに親御さんも一緒に靴を選んでいたのですが、今回は子供達だけでした。

漁の仕事が忙しくなってきたため、行きたいが行けないと先生にお話があったとのこと。

漁に活気が出てきた証拠だよなぁと思い嬉しくなりました。

今はコウナゴの漁の最盛期。昨年いただいたコウナゴの佃煮、美味しかったなぁ・・・。また食べたい。

東浜小学校の廊下に標語コンクールの作品が飾られていました。

この活動を行っている根底がそこには書かれていて、嬉しくなった反面、それが子供から出た言葉だと

いうのが、ちょっと切なくなったなぁ。子供達も頑張っているのだということがよくわかる標語だなぁと思いました。

 

今回も、皆さんのおかげで無事お届けを完了することができました。

子供達は今回もとっても喜んでくれ、いい笑顔を見ることができました。

ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

仕事がなかなか休みが取れない状況になっており、次回もいつ行けるかお約束ができない状況で申し訳ない

のですが、次も牡鹿半島の学校を回りたいと思っておりますので、気長にお待ちいただければ幸いです。