子供靴プロジェクト、次のお届け、第11弾のお届け先が決まりました。

3月9日(金)、石巻市船越小学校の15名の子供達にお届けしてきます。

この船越小学校は、先日大川小学校にお届けに行った際に、先生から紹介いただきました。

 

船越小学校も校舎は津波の被害を受け、今は石巻北高等学校飯野川校に間借りをして授業を

しています。電話をしたら、いつものように教頭先生が対応してくれたのですが、話の中で、

「子供達は支援物資でいただいた靴を履いておりますが、そろそろ小さくなってきている子も

おりますので・・・」とのお話がありました。

 

最近思うことはそういう時期なんだということ。

 

僕はテニスをやっていたのですが、週1~2回の数時間練習をやっているだけでも靴は1年

持ちませんでした。毎日走り回っている子供達の靴ならなおさら、そんなに持たないでしょう。

そして成長も早いから、どうしてもすぐに足のサイズに合わなくなってしまう。

 

これ以上、小さい靴を我慢して履くということがないようにしたい。願わくば。

 

3月は後半が春休みということで、ちょっと急なスケジュールになってしまって申し訳ありません。

今回は前回、みなさんが沢山送ってくれたこともあり、靴の数量は大丈夫そうですので、ご心配なく。

靴を送ろうとお考えの方おりましたら、次回に照準を合わせていただければ幸いです。

 

間もなく1年が経ちます。色々な想いを抱えながら過ぎた時間。

子供達は少しずつ明るさを取り戻しているように思います。

でも、心に抱えた傷は想像できないほど大きい。心をを救うというほど、大それたことは思っていない

けれど、日々の我慢から開放し、ひとときの選べる楽しさを届けたい。

それが、子供達の心の負担を軽くする一助となれば、みんなの笑顔につながれば、最高です。

 

 

☆子供靴PJ 『活動のきっかけと子供靴』☆

 

【子供靴に関する問い合わせ先】

代表者 : 石川 一樹 (いしかわかずき)

PCメール : kaz-rs.jep@jcom.home.ne.jp

 

【子供靴の送付先】

〒980-0802

宮城県仙台市青葉区二日町2-22シャンポール二日町302号室

たからもの くつ係

090-5832-8346

(※電話番号は送付伝票への記載用ですので、問い合わせはメールにてお願いします)