子供靴プロジェクト、第8弾のお届け先が決まりました。

12月16日(金)、牡鹿半島シリーズ最終回!石巻市の「寄磯小学校」にお届けしてきます。

牡鹿半島の東側に突き出ている寄磯岬にある生徒数17名の小さな小学校です。

この学校へ行くには、被害が甚大であった谷川地区を通っていくのですが、やはり道路状況が

非常に悪く、砂利の仮復旧の道路が続き、潮が高い日には浸水してしまうとのことでした。

未だアクセス道路が未整備ということが非常に悲しい。気をつけて行ってきたいと思います。

 

さて、今回もいつものように唐突に電話をかけ、教頭先生に靴プロジェクトの概要を説明したの

ですが、その際に、

「以前も支援物資で靴をいただいたことがあるのですが、デザインが同じものばかりでしたので、

このようにしていただけるのは本当に嬉しいし、子供達も喜ぶと思います!」とのお言葉をいただき

ました。

 

やはりこのプロジェクトで私がいいなぁと思っている点は、靴を皆がそれぞれの視点・好みで

選んで送ってくれるので、靴のバリエーションがとても多いことだと思っています。

靴の品揃えを見れば、ちょっとした靴屋さんみたいな感覚を覚えるくらい。

これは、絶対に自分ひとりではできないことで、みなさんにご協力いただいているからこそできること。

皆さん、本当に本当にありがとうございます。

 

よく、「どんな靴がいいの?」と聞かれますが、私があいまいな返答をする理由は実はそんなところに

あったりします。

確かに、「小さい子達は瞬足が好きな子が多い」とか、「高学年の子は選ぶ靴も大人と変わらない」とか

傾向はあります。でも、傾向が全てではなく好みは人それぞれ。色々ある中から選ぶのが楽しいし、

それが、子供達の笑顔に繋がるのだと思っています。

 

今回も素敵な笑顔に会うために頑張ってお届けしてきたいと思います。

プロジェクトの趣旨に賛同いただける方、いらっしゃいましたらご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

☆子供靴PJ 『活動のきっかけと子供靴』☆

 

なお、今回のお届けにあたり、不足している靴のサイズは以下のとおりです。

・ 男の子用:19.0cm、22.0cm、23.0cm、23.5cm、27.0cm

・ 女の子用:19.0cm、23.5cm

配慮いただけましたら嬉しい限りです。

 

 

【子供靴に関する問い合わせ先】

代表者 : 石川 一樹 (いしかわかずき)

PCメール : kaz-rs.jep@jcom.home.ne.jp

 

 

【子供靴の送付先】

〒980-0802

宮城県仙台市青葉区二日町2-22シャンポール二日町302号室

たからもの くつ係

090-5832-8346

(※電話番号は送付伝票への記載用ですので、問い合わせはメールにてお願いします)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

さて、今回から一つ新たな試みをやってみようかと思います。

題して、「靴を選んでくれた子からお手紙来るかもね?!」の試み。

・・・・。

ネーミングのセンスが無く、申し訳ありませんm(_ _)m

 

どういうことをするかというと、

 

①今後送っていただいた靴の中に、送っていただいた方の住所と名前を書いたハガキを一緒に入れます。

 

②靴を配る際に子供達に「もし良かったら、そのハガキに手紙でも絵でもいいから書いてポストに入れてね!

靴を選んで贈ってくれた人に届きます」と伝えます。

 

③その靴を選んでくれた子から、「もしかしたら」そのハガキが届くかもしれない。

 

というものです。

 

なお、ハガキは協力していただいた皆さんへの感謝の意を込めて、私が書いて入れさせていただきます。

ただし、個人情報になりますので、ハガキに住所、氏名に記載をして欲しくないという方がおりましたら、

「たからもの子供靴PJ」宛に変更いたしますので、メール等でお知らせください。

 

また、これまで送ってくれた靴については、大変申し訳ないのですが、どれがどなたからのものかハッキリ覚えて

いないため、こちらも全て「たからもの靴PJ」宛とさせていただき、届いたものはHPへアップさせていただきたいと

思いますので、ご了承願います。

 

これは、前々回のお届けに一緒にいってくれたみつとめさんが提案してくれまして、それを少々アレンジしたものと

なっています。面白い提案だと思いましたので、今回からやってみることにしました。

 

ただ、靴がいつの時点で子供達の手に渡るかわからないし、手紙を書いてくれる保証もありません。

「届いたらラッキーだなぁ」くらいに思いながらも、子供達を想像しながら靴を選んで送っていただけたら嬉しい

限りです。

どんな結果になるかは乞うご期待!