10月3日 宮城県石巻市の牡鹿半島にある大原小学校、谷川小学校へ子供靴を届けに石川さんと行って来ました。

 

土砂崩れや冠水のあとが至る所に有り台風の被害の大きさを改めて目の当たりにしました。

 

 

 

 

この過酷な状況の中こどもたちの様子はどうだろうかと心配しながら到着した私たちは、なぞのソフトクリームと可愛らしい校章に迎えられちょっと気持ちがほぐれます。

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのみなさんの気持ちがつまった靴。

メッセージが入っている物も。

 

 

 

 

 

 

さっそく、子供たちが選びはじめます。

 

 

ず〜っとこの2足をどちらにしたらいいか選べずになやんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

結局決まらずに、最後は先生に相談。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気いっぱい。

お気に入りの一足を手にしました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは1足の靴をめぐってじゃんけん。

 

 

 

 

 

 

勝っても負けても笑顔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで記念写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は休みの友達の分も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっこり戻って来て片付けを手伝ってくれた2人。

 

 

 

 

 

 

 

校庭では、先生と子供が相撲をとっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐそばの地域は復旧すらままならない場所も有ります。

そしてこれから厳しく長い冬がやって来ます。

 

ようやく全国からの支援のおかげで給食のおかずが1品増えたと校長先生がおっしゃっていました。

 

まだまだ先は長く、本当に一歩一歩の状況です。

 

そんな中でも大人を励ますかのような笑顔いっぱいの子供たち。

ほんとうに子供は光だなと思います。

改めて、これから自分たちに何ができるだろうと考えた1日でした。